中古トラック購入時の注意点

自賠責保険だけでは不十分な理由

中古に限らず車を購入した時は
自賠責保険に強制加入させられます。

 

この保険に加入しない、
もしくは期限がきれた状態で車やバイクを運転してしまうと
刑事罰や罰金が科せられることになります。

 

自賠責保険である程度の事故が保証されるため、
一般の保険会社が提供している任意の保険に加入しないと言う方もいらっしゃいますが、
任意保険には加入しておくことをおすすめします。

 

それは自賠責保険だけでは補償が十分ではないからです。
自賠責保険で補償されるのは、
第三者が絡む事故が起こった場合にその相手に対しての補償となります。

 

その事故にて自分がケガをしてしまった場合は、
自賠責保険の補償対象外となってしまいます。

 

また自賠責保険では補償額も十分だとはいえず、
万が一事故を起こした相手が死亡した場合でも
最高で3000万円しか補償が受けられないのです。

 

新聞などを見てみると交通事故で死亡事故を起こしてしまった場合は、
場合によっては億単位の損害賠償を請求されることがありますので、
十分ではないのです。

 

中古トラックを購入したときも、
自賠責保険に加入させられると思いますが、
合わせて任意保険にも加入しておくことをおすすめします。

 

新聞やニュースを見ていると
交通事故でトラックが関係する事故が多くみられることがわかると思います。
万が一事故を起こしてしまった場合、こうむる損害が大きくなった場合、
肉体的にも精神的にも大きな負担が生じます。

 

任意保険に入っておけばある程度の損害はカバーできますので、
安心感があります。
 

任意保険と自賠責保険の違い

中古トラック購入時にも任意保険への加入をおすすめしますし、
中古トラックを販売している業者も加入を強くすすめてくると思います。
 
任意保険に加入する前に、任意保険の補償範囲や
自賠責保険との違いについて理解をしておくといいでしょう。

 

自賠責保険と任意保険の違いは、
いくつかありますが強制力も違いの一つです。

 

自賠責保険が強制的に加入させれる保険に対して、
任意保険は車所有者の任意で加入させられる保険です。

 

それなので中には任意保険に加入されていない方もいらっしゃいます。

 

もう一つの違いは補償内容の違いです。

 

自賠責保険の補償内容が傷害による傷害と後遺障害、
死亡損害だけに限定されているのに対して、
任意保険は補償内容が多岐にわたっています。

 

第三者が絡む事故が起こった場合でも、
対人だけでなく対物補償設けることができますし、
事故の際に搭乗者がいてケガなどを負った場合も
任意保険なら補償が受けられるのです。

 

また自損事故を起こしてしまったときでも、
自賠責保険は補償の対象外となりますが任意保険なら補償してくれます。

 

万が一車両が事故によりダメージ゙を受けてしまった、
当て逃げされてしまった、といった
車両にまつわる事故に関しても補償の対象となります。

 

これだけ比較してみると任意保険のほうが補償範囲がとても広いので、
あらゆる事故やトラブルに対応できると言えます。

 

自分に落ち度がなくても
事故やトラブルに巻き込まれてしまうケースも十分あり得ますので、
万が一のために任意保険には加入しておくと安心です。